Tagged: 時計

写真 11-06-20 6 45 54

なかなかお目にかからない24時間アナログ時計
買った場所は曖昧だが、確か松本の…なんかお店がたくさん密集している場所だったような?ステーションパークみたいな感じの。

中学後半か高校前半かは忘れたが、俺はそのころ変なモノが好きだったのと、「えーと…17時は…17から12を引いて5時か。」と24時間単位での時間に慣れていなかったので、どう考えても不便でしかないこのアナログ時計のデザインに一目惚れして買ってもらった。

最初は普通の12時間時計との差に苦労した。短針が外側の黒い文字盤で、長針が内側の赤い文字盤。
つまり、この写真だと午前6時36分ということになる。昼の12時なら、針の位置が普通の時計でいう6時の状態になる。
そんな苦労したこの時計も、今では何時なのかすぐに認識出来るようになった。24時間での時間の表し方になれたのもこの時計のおかげかも。

好奇心で買ってもらった時計だったが、今では一日一サイクルに対して2回転してしまう普通の時計よりも、一日一回転しかしないこの時計が好き。今ではパソコンの時計も24時間のアナログ時計。

そんな24時間アナログ時計だが、昨日壊れてしまった。
電池を入れ替えてもダメ。必ず40分の辺りで秒針が止まってしまう。
ん?この秒針…まさか重力に負けているのでは…。

そこで、思い切って切り取ってみた。
写真 11-06-22 10 56 17

動いた!…と思ったが、何時間かすると、徐々にズレてしまう。
やはり重力だけの問題ではないのか…。

もはやどうしようもないので新しいのを探す。
もちろん『24時間のアナログ壁掛け時計』にこだわった。しかし…ない。あるにはあるが、1万円~2万円もする。安いものはすべて売り切れてしまっていた。この時計も見つからず。

24時間アナログ壁掛け時計探しの旅はつづく…。